Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/jonyb/www/srinda/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

スケーリング(歯石取り)の正しいやり方

※この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

歯科医院にとって、集患の明暗を分けるのがスケーリングの技術。

スケーリングをした後に、ルートプレーニングをするという考えが常識のように、どの歯科医院でもおこなわれているが、実際はどうかと言えば、殆どの歯科医院では正しいスケーリングのやり方を知らない事が多いことをご存じだろうか?

スケーリング・ルートプレーニング(SRP)

スケーリングとは、スケーラー(超音波スケーラー)を使って歯石を取ることだが、それはすべて、歯科衛生士や歯科医の腕にかかっていると思っている歯科医院も多い。

要は熟練の腕が必要という誤った常識だ。

本当にそうなのだろうか?誰が検証したのだろうか?患者さんが痛いのは腕の差??

時代は変わっている。本当に時代は変わっている。当然ながら腕も必要ではあるが、それだけではない事が明らかになりだした

これまで歯科医院は、出入りの業者に騙されていたのかもしれない。というより、業者は歯科治療の事をどれほど知っているのだろうか?営業に来る業者は本当に、患者さんのためになるもの、歯科医院のためになる物を売るのだろうか?

相手もビジネスやっているから、当然ながら、利益が高いもの販売額が高く、営業担当者の成績に繋がる物を勧めてないと言えるだろうか?

おそらく、殆どそれは難しいだろう。

であれば、どうすればよいのだろうか?そう。自分で知るしかない。

実は、ある会社が、スケーリングの正しいやり方を無料で公開している。その会社とは長年歯科業界に深く関わってきた歯科器具メーカーである。

その会社では、ブログで無料で情報を配信していたり、無料小冊子を配っているのだ。

もちろん、自社の営業も多少はあるが、それを引いても、歯科医院であれば知らないことばかりだろう。大手メーカーだから大丈夫とか、大学で使われていたからこれがいいとか、あそこの歯科医院が使ってたからこれがいいとかではない。

ぜひ、自分の目で確かめてみると良いだろう。患者さんが喜ぶ歯科医院になれるはずだ

なぜなら、ここのメーカーの道具を使っている歯科医院の声を見れば分かる

マスコミにもどんどん取り上げられている会社で、葛飾区から表彰もされている小さな会社でありながらも有名企業。上記のリンクからその審議を確かめて欲しい

2011 年 9 月 9 日 [カテゴリ:歯医者さん向け]

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ