Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/jonyb/www/srinda/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

歯科器具でスプラソン(P-MAX)の超音波スケーラーをお使いなら

※この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

私は歯科業界に詳しいです。

歯科器具も色々なものがありますが、
患者と直接接するものは限られています。

売れない歯科医の問題はそういった患者と接するものより
接しないものに対してお金を使ったりしています。

逆に売れている歯科医は、患者と接する箇所のサービス改善や
歯科医療機器の購入をしたりする。

歯科業界は激戦で、お客さんの奪い合い。
開業してはすぐに潰れる歯科医も多いんですよね。

例えば、歯石(歯垢)除去のためには超音波スケーラーを
使ったりしますが、その超音波スケーラーもどのメーカーの
ものを使うかで大きく変わります

長田電機のエナックなどはスケーラー本体が安いために、
普及していますが純正のまま使っている場合は要注意です。
(先端の超音波チップは換えた方がいい)

純正のままですと
サテレック社のスプラソン(P-MAX)を使っている歯科医との
治療の差は歴然です。

なぜなら、白水貿易が売っているスプラソン(P-MAXなど)には
知り合いの歯科医の先生も絶賛するある会社の超音波チップが
純正品として搭載されているからです。

そのある会社が驚きの企画を始めました。

スプラソン(P-MAX)を使っている歯科医は必ずチェックしてみてください。

しかもお早めに。。。。

>>白水貿易株式会社のスプラソンP-MAXをお使いの歯科医へプレゼント

2009 年 3 月 26 日 [カテゴリ:口コミ]

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ