Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/jonyb/www/srinda/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

政治とは・・・

※この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

今日は全国的にも晴れて、すがすがしい日和でした。
5月のこの時期が気候的には過ごしやすいですよね
ブログ:くらり2

そういえば、こんなニュースがありました。
もっと取り上げるべき政治があるんじゃないかなと思います。

普通の人はマスコミの情報しか、情報入手手段がありません。
つまりマスコミの質が上がらなければ、日本人の政治への関心が
上がらないと思います。

逆に言うと、いいマスコミが増えることで日本は良くなりますよね。
ネットが普及した現在では、ustreamなどを使って
誰もが簡単にネットテレビ局を立ち上げられます。

視聴率だけを狙った、スクープ的なニュースではなく
視聴者が成長するような番組が増えて欲しいものです。

 民主党の三宅雪子衆院議員(45)が、12日の内閣委員会での採決時に転倒・負傷した問題で“新証言”が浮上した。民主党は“加害者”として甘利明元経産相への懲罰動議を提出しているが、宿敵・自民党の馳浩衆院議員が、三宅氏から『自ら転倒した』と聞いたことをブログで披露しているのだ。民主党と自民党の泥仕合はどう決着するのか。

 渦中の三宅氏は負傷翌日の13日、車いすで衆院本会議に出席した。右足には包帯が巻かれ、同僚議員に背負われて投票するなど痛々しい姿を見せたが、一方で、鳩山由紀夫首相の答弁時には、痛めたはずの右足を軸に足を組むなど“自作自演”疑惑も指摘された

 こうした中、議員会館のエレベーターで偶然に三宅氏と遭遇したというのが馳氏。自身のブログに次のように書き残していた。

 《議員会館のエレベーターに、民主党の三宅雪子さん、松葉づえ姿で乗り込んでくる。えらいものものしい。『どないしたの?』『昨日の内閣委員会の強行採決で転んじゃって…』と、痛々しい包帯姿。『運動不足なんですかね、自分で転んじゃって、恥ずかしい…』と三宅さん》

 この内容が事実なら、懲罰動議を出されて「ハメられた」と主張する甘利氏は冤罪をふっかけられたことになる。

 甘利氏は自民党のHPでも、《突然三宅議員が前に倒れ込み、私の方を見ながら『ひっどーい』と叫んだ。たちまち十数人の民主党新人議員に罵倒され、小突かれ、『はめられた』という思いがよぎった》と反論している。

 一方、民主党は甘利氏への懲罰動議に自信満々。「暴力行為は一切なかった」と発言した小泉進次郎衆院議員への懲罰動議も検討するなど、さらに攻撃を強めている。

 真実を知る三宅氏は14日夜、自身のツイッターで、《今回の一連の出来事は、私にとってとても不本意な結果(中略)私への誤解に基づくご意見も多く、残念ではありますが、しばらくツイッターをお休みさせていただきます》と、当面静観することを表明した。 今週末に地元の群馬県で予定していた集会などもすべてキャンセルし、自宅で安静にするというのだが。(夕刊フジ)

記事元:http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100515/stt1005152107012-n1.htm

2010 年 5 月 15 日 [カテゴリ:時事・芸能ニュース]

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ