国連は公平な機関ではない件

※この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

国際連合(国連)は常任理事国である5カ国の意見が全てであり、そもそもそれは公平ではないことを知っておくべきこと。

常任理事国とは、アメリカ、イギリス、フランス、ロシア、中国の5カ国であり、お気づきのとおり、ロシアや中国(支那)という独裁の共産主義国家が入っていたり、戦勝国としてのアメリカが入っていたり、詳しく知る人であれば、これが公平な意見になるわけがないのは分かると思う。

現在は、韓国人が国連のトップにいるが、中国の軍事パレードに参加するなどで問題をおこしている。

名前勝ちというか、国連と言えば、それだけで公平なイメージがあり、そもそも日本教育の社会科では詳しく現代史を教えない。

だから、「国連から指摘されている」と言えば、大変なことに見えるが、実際はそんなことはない。ただ、5カ国の都合の良いような内容を言われていたり、現在のトップである、韓国人が色々と言っているだけ。

国連の裏側をぜひ、もっと調べてみよう。
2015 年 9 月 22 日 [カテゴリ:時事・芸能ニュース]

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ