Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/jonyb/www/srinda/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

後悔先に立たず。言い過ぎないためには?

※この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

ビジネス以外の普段の日常生活でも気をつけたいところです

言ってしまった後、「今のは言葉が悪かったなぁ・・・」とか、「言い過ぎてしまったんじゃないかなぁ・・・」なんて後悔することは誰にでもあるかと思います。

自分が口下手だと感じる人などは、何か話さねばと焦って言い過ぎてしまったために後悔し、尚更に話すことが苦手になったという人も多いのではないでしょうか。

話してしまった言葉は、取り戻すことができません。
何気なく言った一言が、相手を不快にしてしまう事だってあるように、自分が発した一言を、相手が同じように受け入れてくれるとは限りません。

「今度一緒に行こうね」なんて言葉だって、本人は「そのうち機会ができたら一緒に行こう」という程度の意味で言ったとしても、相手は時間を作らなきゃなぁ・・とスケジュール帳を確認しているかもしれないのです。

「なぜ解ってくれないの?」と思う前に、自分の話し方を変える努力をした方が有意義だと思います。

もし言い過ぎてしまったとき、相手が親しい方でしたら、まだ誤解も解きやすいでしょう。
しかし、それほど親しくない方や初対面の方など、特に気をつけなければならない相手への失言は、失った信頼を取り戻すことが非常に大変なこととなってしまいかねません。

そうならないためにも、言葉を発する前に一度考え、その言葉が適切であるかを確認する癖をつけると良いのではないでしょうか。

話し方一つで相手に与える印象はずいぶんと違ってきます。
円滑なコミュニケーションをはかるためにも、言葉選びには充分気をつけたいものです。

2009 年 7 月 10 日 [カテゴリ:コミュニケーション力, ビジネススキル]

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ