Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/jonyb/www/srinda/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

中国が著作権侵害から逃げるために動画共有サイトを日本から見れなくした

※この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

中国でまたネット操作です

中国は国をあげて情報操作をしてまして、
これまで公平な目で中国を批判していた海外のサイトに
アクセスできなくしたりしていました。
(アメリカのニュースサイトなど)

しかし、今回はさらにひどい

なんと、国内にあるYou Tubeのような動画共有サイトに
日本からアクセスができないようにしたのです。
(国ではなく会社の判断でしょうが、、、)

その動画共有サイトには、日本が誇るアニメなどが
多数、違法アップロードされています。

当然、日本としては著作権侵害ということで
苦情や削除要請を過去何度もだしていました。

つまり、今回の日本からの閲覧不可能の狙いは
アップされていも、日本からは分からないようにするというもの
(&日本からアップできないようにするため)

これで、日本語版をアップする人は減るでしょうが、
中国語での日本の動画やアニメをアップし放題です。

著作権侵害で訴えられなくするためにそこまでしますか??

参考:中国動画サイト「Tudou」「Youku」が日本からのアクセス遮断

 中国の動画共有サイト「Tudou(土豆)」と「Youku(優酷)」が日本からのアクセスを遮断している。トップページや動画ページは表示できるが、動画再生画面には「あなたの地域では動画を見られない」という内容の英語メッセージが表示され、再生できなくなっている。

 YoukuやTodouには、日本のアニメなどが数多くアップロードされており、日本からのアクセスも増えていた(中国の動画サイト「Youku」日本で人気 ニコニコ動画並みの伸び)。

 中国の報道などによると、Todouは今年に入って日本のIPアドレスからのアクセスを遮断、Youkuも数カ月前から同様の措置を取っているという。

 両サイトには日本のテレビ局から、著作権を侵害した動画の削除要請が寄せられているという。今回の措置は、著作権侵害に関するクレームを回避する狙いや、サーバ・ネットワークコストを削減する狙いがあるとみられている。

2009 年 1 月 7 日 [カテゴリ:時事・芸能ニュース]

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ